ITニュース六時五分:Google、ドローンの配送の商用化、2017年を目指す

ITニュース六時五分:Google、ドローンの配送の商用化、2017年を目指す

0605_20141112Googleは、配送に使う小型無人機「ドローン」の商用化を2017年に行うことを目指していると発表しました。amazon.comやウォールマートなども、商用化を目指しており、今後、競争が激しくなりそうです。アメリカ政府は、12/20までにはドローンの登録制を開始するとしていて、実用化に向けて、また一歩進んでいくようです。

ドローンは、ラジコンと同等に扱われていて、誰でも許可も必要なく所有し、飛ばすことができます。市販のものを購入するだけでなく、自分で組み立てて飛ばすことも可能です。

それ故に、日本でもドローンのトラブルが報道されたように、世界中で、トラブルも増加しており、人の集まるイベントで落ちてきたり、飛行場で飛ばしているといったことも起きています。そのうち、大きな事故につながるかもしれません。

しかし、一方で、災害時の空からの情報収集や、対岸、離島などへの物資を届けるといったことにも有効に使えるので、今までできなかったことが可能になります。今までできなかったことができるほど便利だからこそ、一方で、トラブルも大きくなるという道具だからこその課題です。日本でもこれからは、登録制のような方向に向かうでしょうが、すでに、これだけ多くのドローンが出回った上で、どのように対処していくのか、登録した機体なのか、どうでないのかというのをどのように区別していくのかなど、課題は山積です。

これから出てくるテクノロジーは、そのサジ加減が難しいものばかり。ドローン、自動運転、IoT、人工知能・・・・。そのサジ加減で、未来が決まっていきます。

本日のニュース

http://www.sankeibiz.jp/business/news/151103/bsj1511031216005-n1.htm

米グーグルがドローン配送を17年にも商用化目指す


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加