ITニュース六時五分:ソフバンとEmotion IntelligenceがWebサイトを見てる人の感情分析・行動予測のサービス

ITニュース六時五分:ソフバンとEmotion IntelligenceがWebサイトを見てる人の感情分析・行動予測のサービス

0605_20141112ソフトバンク・テクノロジーと、Emotion Intelligenceは、ホームページにアクセスした人の感情を察知し、次の行動を予測するサービス「Emotion i」を提供すると発表しました。

マウスカーソルの動きなどを蓄積し、機械学習で“感情データ”として抽出し、さらに、行動データと連携させることで、ユーザが次にどのような行動に出るのかを予測できるようになります。

いやはや、ホームページにアクセスしているだけで感情を読み取られるだけでなく、さらに、その次の行動(申込みページへいくのか、それとも、他のサイトへ移動するのか)も予測されてしまいます。

おそらく、この技術が進歩していくと、見ている人の行動によって、リンク先が変化するこだってありえます。そう、お店で店員さんが、お客さんの顔色を見ながら説明を変えていくように・・・。

こうなってくると、下手な接客をするよりも、アルバイトに教えてるよりも、コンピュータで対応していった方が、効率がよくなる可能性が高くなります。そして、そういうのが気持ちよく感じる人たちも増えていくでしょうし、人件費も浮くことに。そこそこの営業スタッフでは、仕事がなくなる時代が目の前に来ている・・ともいえますし、お客さんからすれば、こちらの気持ちを無視して強引に売り込む、しつこい店員がいなくなるってのは、歓迎されることなのかもしれません。

どっちにしても、コンピュータが感情をも理解して対処するようになってきたってことですよね。

本日のニュース

http://japan.cnet.com/marketers/news/35073109/

“感情”と行動データの即時連携サービス、商品「購入確率」など予測


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加