ITニュース六時五分:人工知能『東ロボくん』、東大入試模試で、一段と偏差値を上げる

ITニュース六時五分:人工知能『東ロボくん』、東大入試模試で、一段と偏差値を上げる

0605_20141112国立情報学研究所などが開発している東大合格を目指す人工知能「東ロボくん」が、大手予備校の大学入試センター試験模試に挑戦し、苦手科目だった数学の成績が上がり偏差値64以上の好成績を収めた、と発表しました。

東ロボくんは、平成33年までに東大に合格することを目指しているプロジェクトですが、毎年、成績を上げていき、国公立33大学、私立441大学で合格可能性80%以上と判定されるまでになっています。

ただ、人間と違って、覚えるための勉強ではなく、問題を理解する『学習』がメインです。数学のような回答が明確に決まっているものであれば、100点満点で70点代をとるなど、かなりの好成績ですが、世界史のように記述で回答するものになると、まだまだうまく回答できません。

しかし、毎年、確実に成績を上げてきている東ロボくん。ひょっとしたら平成33年(2021年)ではなく、東京オリンピックより先に合格するかもしれないですね。

そうなってくると、人間がコンピュータに話しかけて、しっかりと回答してくれるようになるのも、そう遠くない未来になるでしょう。ますます、人は、人と話をするのが苦手になっていくでしょうね(笑)

本日のニュース

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/151114/cpc1511141721001-n1.htm

人工知能「東ロボくん」が国公立33大学で合格水準 でも東大は落第!


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加