ITニュース六時五分:PC出荷台数1000万台割れるか? 今年度のMM総研調査

ITニュース六時五分:PC出荷台数1000万台割れるか? 今年度のMM総研調査

0605_20141112MM総研によると、2015年度上期(4~9月)の国内PC出荷状況は前年同期から29.5%減の474.1万台に落ち込んだそうです。Windows 10がリリースされましたが、好転せず、今年度は、1998年度以来の1000万台割れになる可能性もでてきています。

PCの出荷台数は、2013年度をピークに、2014年度は2割落ち込んでいます。MM総研の予想では、今年度は、同じく2割落ち込み、1998年度レベルにまで落ち込むとしています。ただ、2013年度のピークは、WinXPのサポート終了による『強制的な買い替え』が起きたこともあって、その前年度の2012年度から下がりつつありました。

結局、一般家庭では、スマホが広がったことで、パソコンを買う理由がなく、また、家族の人数分のスマホを購入し、毎月の通信費を払うことになれば、パソコンにお金をかける余裕もなくなってきているのが現状でしょう。企業でも、だんだんタブレットなどを利用するようになり、パソコンの需要が減ってきています。

これからは、B2Cのビジネスでは、スマホ対応のホームページをメインにして、パソコンのためのデザインやサイトは、余裕があればやるといった程度でも、なんら問題ないでしょう。そして、ここからは、スマホのアプリでのアクセスに変わっていくので、今までのSEO対策など、何の役にもたたない時代になっていきそうです。

本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/18/news128.html

国内PC出荷、1998年度以来の1000万台割れへ 落ち込み止まらず MM総研


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加