2015/2/5 六時五分:スマホのアプリ、30日後に広告を勝手に埋め込むものも

2015/2/5 六時五分:スマホのアプリ、30日後に広告を勝手に埋め込むものも

0605_20141112ウイルス対策ソフトメーカーのAvastが、Google Playにアップされているゲームには、アドウェア(広告を表示するソフト)が仕込まれているものがあると注意を呼び掛けています。

インストール直後に広告が出るのではなく、アップデートしてから表示されるとか、30日後に広告が出てくるなど、なかなか厄介なことになっていて、いったい、どのアプリが広告を出しているのか、簡単には分からないようになっているそうです。

スマホのアプリは便利なだけに、悪用されることも。便利というのは、悪さをする連中にとっても「便利」なのですよね。

以前にも説明したように、そもそも、スマホは、OSの仕様からセキュリティ対策ソフトが十分に活躍できない状態なんですよね。その点は、よーーーく理解しておかないとダメ。(だから、私は、未だに怖くてスマホは使わないんだけどね)

スマホを使う上では、アプリをむやみやたらに入れるのではなく、必要なのかどうかを考えて使いましょう。厄介なことになってからでは、どうにもできないこともありますからね。

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/04/news050.html

迷惑広告を仕込むアプリがGoogle Playに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加