ITニュース六時五分:トレンドマイクロが、信頼できるサイトであっても、不正広告に注意するように警告

ITニュース六時五分:トレンドマイクロが、信頼できるサイトであっても、不正広告に注意するように警告

0605_20141112セキュリティ会社トレンドマイクロは、インターネット広告を悪用したサイバー攻撃に関するセミナーを都内で開き、不正広告で感染するウィルスについて説明しました。クリックしなくても表示するだけで感染する不正広告もあり、信頼できるサイトであっても、感染する可能性があると注意を促しました。

一般的に、ホームページの運用と広告配信は別会社になっていて、広告配信会社のサーバが乗っ取られると、広告を配信するかのようにウィルスを配信するようになります。その結果、信頼できるサイトに表示される広告がウィルスとして機能するように。

これだと、もう、アクセスしているユーザには、何が不正広告なのか区別することなど不可能です。例えれば、レストランでミネラルウォーターを飲み水として提供していて、そのミネラルウォーター会社のタンクの中に異物を入れられるようなもの。ペットボトルに詰める前に異物が入っているのですから、レストランでは防ぐのは難しいですし、ましてや、三ツ星レストランだから安心とは言えなくなってしまうのです(って、分かりにくいですか? 苦笑)。

ホームページに表示される広告にウィルスが仕込まれてるなんて、誰も思わないですし、ましてや、表示しているだけで感染するなど考えられません。本当に、やっかいな時代になったものです。

防ぐ方法としては、今までも何度も書いてきていますが、基本の基本を守るしかありません。

1.OSやアプリを最新版にする

2.ウィルス対策ソフトを入れ、最新データにアップデートする

3.覚えのないファイルを開かない

これぐらしか、できることはないのですよね。

本日のニュース

http://www.sankeibiz.jp/business/news/151212/bsj1512120710002-n1.htm

ページ開いて50秒で被害 増加するインターネット不正広告


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加