ITニュース六時五分:堺市、職員が68万人の個人情報持ち出し。マイナンバー制度は大丈夫か?

0605_20141112大阪府堺市は、有権者約68万人の個人情報が外部に流出したことが新たに判明し、情報を持ち出した職員を処分しました。この元職員は、選挙補助システムも持ち帰り、改造して販売も行っていたことが判明しました。

いやはや、こんなことが起きてるなんて!! 大丈夫か? たった一人の職員が持ち出して、しかも、それを販売目的で持ち出していたってことになると、こんなことは、他にも起きる可能性を持っています。

詳細はこれから出てくるでしょうが、データだけでなく、プログラムまで持ち出せるようになっているなんて、とんでもなくセキュリティが甘いです。

堺市の市長は、「組織としての個人情報保護の認識の甘さから引き起こされたもので、適正な管理が徹底できていなかった責任を痛感している。」と記者会見で言っていますが、確かに、甘すぎます。堺市は、人口80万人を超える政令指定都市。そんなレベルの自治体ですら、こんなにセキュリティが甘いのですから、他の自治体だって、どうなのか分かりません。こんな状態で、マイナンバー制度が実施されていくなんて、ものすごく怖いって思いませんか??

本日のニュース

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151214_735286.html

大阪府堺市、有権者68万人の個人情報が流出、職員がデータを持ち帰りレンタルサーバーにアップロード

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加