ITニュース六時五分:IEのサポートが変更に、最新版のみサポート。IPAが注意喚起

ITニュース六時五分:IEのサポートが変更に、最新版のみサポート。IPAが注意喚起

0605_20141112独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、マイクロソフトのブラウザソフト「Internet Explorer」(通称IE)のサポートポリシーが来年1月12日より変更されるので注意するように呼びかけています。変更されると、Windowsで動作する最新版のIEのみサポート対象で、それ以前のバージョンは脆弱性があってもアップデートされなくなります。

例えば、Win7で動作する最新のIEは、IE11になるので、IE10のままにしていると、ウィルスに感染する恐れが出てきます。ホームページ制作会社なども、過去のIEでの見え方をチェックするなど行っている場合は、注意が必要です。

また、企業によっては、Webベースでの社内システムを利用している場合、IE11で動作しないような場合は、早急にシステム変更など行わなければ、大変なことになるでしょう。

年内に、最新版へのアップデートを行っておきましょう。

IPAの注意喚起のページ

https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20151215-IEsupport.html

【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に

本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/business/35074971/

IPA、「Internet Explorer」のサポートポリシー変更で注意喚起

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加