ITニュース六時五分:「FlashやJavaを更新しない」2~3割、IPA調査。大掃除のついでにPCも見直しを。

ITニュース六時五分:「FlashやJavaを更新しない」2~3割、IPA調査。大掃除のついでにPCも見直しを。

0605_20141112独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2015年度の「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」の結果を公表しました。それによると、Adobe Flash PlayerやJavaを更新していないユーザが2~3割いることが分かりました。

これらのソフトは、直接使うというよりも、インターネットでホームページを見ているときに利用することが多く、知らないうちに利用しています。それ故に、利用しているのか、そもそも、自分のパソコンにインストールされているのかすら、よくわかってない人も多いのではないでしょうか。

逆に言えば、だからこそ、コンピュータウィルスに狙われることが多く、世界中で被害が後を絶ちません。年末の大掃除のついでに、一度、自分のパソコンにどのようなソフトが入っているのか、また、最新版になっているのか確認した方がいいでしょう。

IPAが提供している各種アプリの最新版チェックツール

MyJVN

http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/index.html

本日のニュース

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151229_737384.html

Flash更新しない層が2割弱、Javaでは3割~IPA調査




iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加