2015/2/9 六時五分:急成長するシャオミ、サムスンやアップルを追い抜く勢い

2015/2/9 六時五分:急成長するシャオミ、サムスンやアップルを追い抜く勢い

0605_20141112シャオミ(小米科技、Xiaomi)という企業をご存知でしょうか? 急激に成長している中国のスマホメーカーで、創業4年にして、サムスン、アップルに続く世界第三位のメーカーになっています。

2014年の売上は、前年比2.4倍の1兆4400億円、スマホ販売台数3.3倍で6000万台以上を売っています。

さらにインドへの進出も考えており、スマホだけでなく、家電や動画コンテンツ制作まで手掛けようとしています。

創業者の雷軍(レイ・ジュン)は、武漢大学で工学を学び、キングソフトのエンジニアとして働きます。6年後には社長になり、さらに2000年に立ち上げた書籍のネット通販会社は4年後にアマゾンに88億円で売却します。そして、スティーブ・ジョブズを徹底的に研究し、立ち居振る舞いから服装まで真似るという徹底ぶり。スマホも年間1機種しか販売せず、しかもネット販売のみで、携帯キャリアでは売っていません。

そうやって、アップルをも脅かす地位にまで上り詰めてきました。

中国には、まだまだこんな企業が伸びてくる上場で、東南アジア、南米、インド、アフリカなども、これから急激に大きくなるベンチャー企業が出てくるでしょう。ひょっとしたら、2020年の東京オリンピックでは、誰もきいたこともない企業、今年や来年に生まれた企業が公式スポンサーになっていることもあり得ますよね。

では、そんな中で日本企業はどうすればいいのか?

答えの一つは、そういう新興企業へ技術供与や品質管理、人材育成などのノウハウを提供していくとうのがあります。すでに、そういう動きをしはじめている中小企業もありますよね。

はてさて、ますます成長する速度が加速されていくこれからの世の中で、どのように数年後を読んで対策していきますか??

本日のニュースネタ

http://www.sankeibiz.jp/business/news/150208/bsj1502081712002-n2.htm

日本企業は出る幕なし…トホホ サムスンもアップルも真っ青、シャオミ急成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加