ITニュース六時五分:大学が学生にモーニング・コール。ICカードで出席確認。社会人になったら…

ITニュース六時五分:大学が学生にモーニング・コール。ICカードで出席確認。社会人になったら…

0605_20141112九州産業大では、学生にモーニングコールを行い、近畿大学では出欠確認はICカードで親が閲覧も行うといったことが進んでいます。過保護な状態なのか、親が安心するのか、評価が分かれています。

しかし、これ、考えてみれば、スマホを使っている人たちとか、社会人になっても、タイムレコーダや、ICタグでの出入りを記録するなど、すでに行われています。過保護というのは簡単ですが、では、大人たちはどうしているのかというと、似たようなことをやっていたりします。

言い換えれば、今の日本は分刻みで動いていることが多く、先日の大雪とかでも、無理して会社に行く人たちが多すぎます。何か、おかしいのですよね。何に価値を置くのか、何を優先するのかが、あまりにも偏っている。そんな気がします。

しかし、こういう大学でのサービスは、大学側からすると、お金を出している親に安心してもらい、授業料を払い続けてもらうためにも必要なことでしょうし、そういうことに当たり前の学生が社会に出てくれば、これは、新たなサービスを展開するチャンス。

モーニングコールや、日々の行動などを管理してくれるサービスを立ち上げ、親にお金を払ってもらう・・・。あり得ますよね(笑)。

ま、どっちにしても、少子化が進んでいる中では、甘やかされることは必然なのかと思います。

本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/25/news066.html

えっ、大学がモーニングコール!? IC学生証で講義出欠確認、保護者チェックに「過保護」の声も




iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加