ITニュース六時五分:Appleは米国政府と戦っているのは、『前例を作らない』ということ。技術課題ではないことに注目。

ITニュース六時五分:Appleは米国政府と戦っているのは、『前例を作らない』ということ。技術課題ではないことに注目。

0605_20141112アップルは、銃乱射事件の容疑者が持っていたiPhoneのロック解除するようにという裁判所の命令を拒否することを表明しています。そこには技術ではなく、前例を作らないということにこだわっています。

アップルが拒否をしていることについては、先日も取り上げましたが、技術的にパスワードを外せるようにするといったことが大きな課題ではありません。

ロイターの記事では、アップルは『前例をつくりたくない』ことにこだわっています。

今回の件は、その内容の良しあしは別として、政府という権力が命令すれば、アップルのポリシーを曲げてソフトウェアを修正する、つまり、政府が命令すれば従う企業ということになるのを恐れているのです。

そして、これを一旦認めてしまうと、『前例』となってしまって、今後も、何かと政府の命令で修正をさせられることに。これを恐れています。

今回は、アップルに対しての命令ですが、同様のことが、GoogleやFacebook、TwitterといったIT企業に向けても同じことが起きる可能性があります。

これ、アメリカで、市民を巻き込んだ運動になるかもね・・・

本日のニュース

http://jp.reuters.com/article/apple-gov-iphone-idJPKCN0VS0ON

ロック解除問題、米アップルと政府は何を争っているのか




iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加