ITニュース六時五分:ドコモ、マウス操作でBot開発できるRepl-AI開発。6月までトライアル。

0605_20141112NTTドコモは、対話ボット作成ツール「Repl-AI(レプルエーアイ)」をインターメディアプラニングと共同開発したと発表しました。プログラミングなどの専門知識なしにマウス操作だけで自動で対話するボットを作成できます。

このところ、botのニュースが出てきていますが、人工知能との新たなインターフェイスとして注目されているからでしょう。

今回は、開発環境を簡単にしたことで、プログラミングを知らなくてもアイデア次第で面白いbotを開発することができるように。

こうなってくると、アイデア次第なので、さまざまなシナリオを考えて、いろんなbotが登場して、もう、botだらけになってくるでしょうね。2020年に向けて、海外から来た人に向けて、外国語で対話するbotもたくさん出てきて、もう、botと対話するのが当たり前の世界になっているでしょう。

そのうち、botとbotが対話してるのを、人間が見てるだけってのがインターネットの使い方になっていたりしてw

本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/service/35081648/

ドコモ、マウス操作で対話ボットが作れる「Repl-AI」開発–スキルによる“格差”なくす

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加