ITニュース六時五分:大阪府警、教育委員会のサーバにサイバー攻撃をしかけた高校生を書類送検。

ITニュース六時五分:大阪府警、教育委員会のサーバにサイバー攻撃をしかけた高校生を書類送検。

0605_20141112大阪府警は、大阪市教育委員会が管理するサーバーコンピューターにサイバー攻撃を仕掛けたとして、大阪市内に住む私立高校1年を書類送検しました。自治体に対するサイバー攻撃の立件は国内で初めてです。

小さいころからスマホやコンピュータゲームになじんでいると、ただ遊ぶだけでなく、その中の仕組みや、自分でゲームを作ってみたいと思う子供は少なくありません。

そして、今は、ネットで調べれれば、さまざまな情報が手に入りますし、無料で学べるオンライン授業なども数多くあります。その結果、学校で教えるレベルを遥かに上回る知識や技術を身に着ける子供も出てきています。

日本では、飛び級制度がないので、どんなに高いレベルの知識を身に着けていても、他の子どもたちと同じ授業を受けるしかありません。

日本でも、異能プロジェクトなど、少しずつ変わってきていますが、根本の学校教育が変化していないことが問題でしょう。また、学校の先生も、従来の教育方法しか身に着けていないので、飛び級するとしても、どのように選んでいいのか、また、年齢の違う生徒が混ざっているクラスでどのように教えていいのか、困ってしまうでしょう。

さらに、今回のニュースにあるように、技術を身に着けても、その使い方を誤れば犯罪者になってしまいます。こここそ、教育で教えなければならないことであり、また、学校だけでなく、親も一緒になって、教育していくべき価値観や道徳です。

教育改革とかいうのはいいのですが、それを活かす方法や、どのような倫理観を持って使うのかといったことを将来の日本としてどうするのかを考えないと、技術や知識はあるけれど、それをどう使うのが世の中に役立つのか分からなくなる大人が育ちそうです・・・。

本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1605/13/news072.html

「先生に無能さ気づかせようと」サイバー攻撃の高1書類送検 444校のWebサイトを一時閲覧不能に



iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加