ITニュース六時五分:JR西日本、酔っ払いや不審者を自動検知する監視カメラを導入

ITニュース六時五分:JR西日本、酔っ払いや不審者を自動検知する監視カメラを導入

0605_20141112JR西日本は、駅に設置された防犯カメラの画像を解析し、酔っ払いや不審者を自動的に検知する「遠隔セキュリティカメラ」を導入すると発表しました。まずは、12月上旬に兵庫県・神戸市の三ノ宮駅に設置するそうです。

人件費の削減が進んで、今は、大きな鉄道の駅でも、駅員は数えるほどしかいません。以前なら、切符を切るのに何人もの駅員がいたのですが、自動改札になって一気に人員は少なくなっています。

ホームもカメラが設置され、各種センサーが設定されていることからも、あまり駅員はいません。駅によっては、車掌が駅に設置されたカメラを見ながらドアの確認をしています。

これらの人員が削減されることで、目が届かないことも増えてきてるので、コンピュータで酔っ払いや不審者を自動チェックするようになってきました。

例えば、長時間、駅のベンチに座ったまま動かない人がいるとか、荷物を置いたままにして立ち去る人がいるといったことを検知して、駅員に通知します。
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/17/news124.html

酔っ払い・不審者を防犯カメラで自動検知 JR西、三ノ宮駅に導入
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加