ITニュース六時五分:電気通信大に国立大学発の人工知能研究センター設立

ITニュース六時五分:電気通信大に国立大学発の人工知能研究センター設立

0605_20141112電気通信大学に、国立大学で初めて人工知能専門の研究センターを設立することが決まりました。言語処理やディープラーニング、ビッグデータなどバラバラの分野を取りまとめ、日常生活を手助けする人工知能開発を目指すそうです。

人工知能という分野は、幅広く、どこまでが含まれるのかというのを明確にできないほどになっています。

特に人間とのインターフェイスは、テキスト、音声、動画、映像、あるいは、ロボットのような動きであったりします。だからこそ、ITといった言葉と同じで、幅広く使われます。

だからこそ、それらをトータルで見ることができる研究機関がなければ、なかなか情報交換が難しくなってきています。また、いろいろな研究所や民間企業に、個々の分野での技術はあっても、それを組み合わせる、コーディネートできる研究機関が必要になってきています。

そこで、今回の電通大の研究所設立になったのでしょう。

基礎研究や技術は、どんどん進んでいますが、それをどっやって日常生活に活かすのかは、研究者だけでなく、利用者が何を求めているのかも重要で、また、まだまだカスタマイズしなければ、実際には使えないものになっています。

国立大初の研究所、大活躍してほしいですね。
========
本日のニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160630/k10010578531000.html

電通大に人工知能研究センター設立 国立大で初
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加