ITニュース六時五分:JR東海とヤマハ、駅のアナウンスをスマホで8か国語で表示できる実験開始

ITニュース六時五分:JR東海とヤマハ、駅のアナウンスをスマホで8か国語で表示できる実験開始

0605_20141112JR東海とヤマハは、東海道新幹線の東京駅、浜松駅、京都駅構内で、日本語のアナウンスを多言語に翻訳し、スマートフォンに表示するサービスを8月26日から試験導入すると発表しました。ネット接続なしで7か国語で表示されます。

具体的には、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語で表示されます。日本語でも表示されるので、駅でのアナウンスを聞き取りにくい人にも利用できます。

駅のような騒がしい環境で、しかも他にも話をしている人がいる中で、アナウンスだけを認識して翻訳するのは、すごい技術です。人間は、選択的に音を聞き取ることができるので、録音した音声を後から聞くと、雑音が多いことに驚きます。

機械でも同じようなことができるというのは、すごいこと!

これを応用していくと、人が多い場所でのロボットのやりとりができるようになります。

音だけでなく、映像でも同じようなことができるようになると、まさに人間と同じような認識ができるようになり、より機械と人間とのコミュニケーションがやりやすくなるでしょう。

いやはや、面白いことになっていきます。
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/03/news117.html

駅構内のアナウンスをスマホに多言語表示 JR東海が試験導入
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加