ITニュース六時五分:今の運転アシストは、逆に危険なことになるのかも・・・

ITニュース六時五分:今の運転アシストは、逆に危険なことになるのかも・・・

0605_20141112米国保険会社ステート・ファームの調査によると、半自動運転車で走行中に、食事、スマートフォンのメール操作、写真撮影、映画鑑賞などをする人が大勢いることが判明しました。

「実行する可能性が高い行為」について質問したところ、48%が「食事」、45%が「メールを読む」、43%が「メール送信」、36%が「写真撮影」「インターネットアクセス」と答えたそうです。

この結果を見ると、人間はどうしても、『楽』になると、ついつい油断してしまい、本来やってはいけないとされていますが、他のことをやってしまいます。

今の自動車にしても、マニュアルからオートマに代わって、さらに、パワステなどが一般的になったことから、片手でハンドル操作できるようになってしまいました。その結果、ついついスマホをいじるようになり、目線がスマホの画面にいくようになってしまいます。

歩きスマホどころか、運転スマホが問題になっています。これが、マニュアルで、しかもハンドルが重たかったら、常に両手を使うことになるので、スマホを触ることなどなかったでしょう。

最近の車は、CCDカメラが周囲についていて、駐車場に入れるときも周囲を目視するのではなく、モニタ画面で車の位置を見ながらバックしています。カメラで見ているから、ギリギリまでバックできるのですが、周囲から見ているとモニタばかり見て運転しているので、アイコンタクトが取れず、横切っていいのかどうかわからなくなってしまいます。

完全に自動化されているのならいいのですが、半自動のような状態では、逆に人間の緊張感が緩むことになり、逆に事故が多くなっていくのではないでしょうか。
========
本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/service/35088460/

半自動運転車に近づくな!–走行中に食事やテキスト送信、ネットアクセスする人が多い
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加