ITニュース六時五分:Google、HTTPS未対応の入力ページは『Not secure』と表示

ITニュース六時五分:Google、HTTPS未対応の入力ページは『Not secure』と表示

0605_20141112Googleは、パスワードやクレジットカード番号を入力させるWebページに通信の内容が暗号化されないHTTP接続が使われている場合、2017年1月から安全でないページとみなすと発表しました。来年1月にリリース予定のChrome 56から、httpsに対応していないと、アドレスバーに灰色で「Not secure」の文字を表示するそうです。

ホームページで、お問合せや申し込み、商品購入、予約、あるいは、メルマガ登録などをしている場合は、要注意です。今からしっかりとhttps対応しておかないと、Chromeで見たときに、「Not secure」と表示されます。アクセスしたお客さん側から見ると、なんとなく危険なサイトのイメージになってしまって、入力してくれないことになりかねません。

おそらく、この動きには、IEやEdge、FireFoxも対応してくと思うので、安全でないページって表示されるようになってしまいます。幸い、無料で利用できるSSL(証明書)も出てきているので、利用するといいでしょう。

ただ、年末になってくると、申し込みが殺到すると思うので、今から余裕をもって準備しておくことが大切です。設定は簡単ではないのと、間違うと面倒なので、ホームページ制作会社などわかっているところに相談することをお勧めします。あ、でも、これをネタにして営業電話もいろいろ掛かってくると思うので、注意してくださいねw
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/09/news066.html

Google、HTTPページに警告表示 まずはパスワード入力から
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加