ITニュース六時五分:ソフトバンク孫社長、トランプ次期大統領と会談。政治でなく経済でアメリカを動かす?

ITニュース六時五分:ソフトバンク孫社長、トランプ次期大統領と会談。政治でなく経済でアメリカを動かす?

0605_20141112ソフトバンクの孫正義社長と米国のドナルド・トランプ次期大統領が、ニューヨークのトランプタワーで会談しました。孫社長は、500億ドル(約5兆7000億円)を投資し、アメリカに5万人の雇用を創出すると約束したそうです。

ソフトバンクは、GoogleやFacebookのように政治を超えて、経済で国を動かそうとしています。

今回のアメリカへの雇用創出ということだけを見て、アホなコメンテーターが、アメリカに投資するぐらいなら、日本に投資しろとか言ってます。

そんな近視眼的なものの見方をしてどうするのでしょうかねぇ・・・。

そもそも、ソフトバンクだって、アメリカでT-mobileを買収しようとしたのが当局の許可が下りないとかで断念しました。しかし、孫さんは、そんな簡単にあきらめてるわけではないですよね。今回の5万人の雇用を創出するということで次期大統領を納得させ、T-mobileの買収を狙っている可能性があります。

もし、これを、また当局が嫌がるようなら、アメリカへの投資は取り下げるってトランプに話をすれば、いやでも条件をのむようになるでしょう。

また、これからの日米貿易などでも、アメリカが無理難題を押し付けるようになるなら、孫さんが出てきて、アメリカの投資をやめるっていえば、ことが動く可能性だってあります。

そもそも、孫さんが日本に魅力を感じていないなら、さっさとソフトバンク本社を国外に移しているはずです。

GoogleやFacebook、マイクロソフトなどが、アメリカを中心にして諸外国を動かすような経済圏を作り出しているのと同じようなことを、日本を中心にしてソフトバンクがやりはじめているのです。

アメリカをも動かすかもしれないソフトバンクという会社、そして、それを経営している孫社長が日本にいるということは、今一度、しっかりと国際情勢とともに理解しておいたほうがいいですよ。そんな会社が日本にあるってことを海外の人たちは、見ています。
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/07/news065.html

ソフトバンク孫社長、トランプ氏と会談 「米国に5.7兆円投資」
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加