ITニュース六時五分:ピースサインの写真から指紋を盗まれる!国立情報学研究所が警告

ITニュース六時五分:ピースサインの写真から指紋を盗まれる!国立情報学研究所が警告

0605_20141112国立情報学研究所によると、ネット上にアップされたピースサインの写真から指紋を分析し盗まれると警鐘を鳴らしています。実験では、3メートル離れた位置からでも指紋を盗撮することができるそうです。

指紋や目の虹彩パターンなど生体認証は本人確認のための技術として重視されています。

しかし、SNSが広まり、多くの人が自分の写真をネット上にさらすようになって、これらの生体認証情報を抜き取ることが容易になってきています。

生体認証に限らず、家の鍵についても、写真から解析してコピーを作ることも可能になってきていて、セキュリティが高まっているのか、ゆるくなっているのかわからない時代に突入しています。

そもそも、スマホには、GPSがついていて、常に基地局とやりとりしている状態ですから、誰がどこにいるのかなんて、筒抜け状態。これではプライバシーも何もありません。Googleは検索で何をしらべていたのか情報を持っていますし、amazonなどのオンラインショップは言うまでもありません。

逆に、そういうGPS情報や街角の監視カメラ映像もすべて合わせて認証するようになれば、プライバシーをすべて、さらけ出すことによって、自分の身の安全を高めるということも可能になります。

つまり、クレジットカードが使われたとしても、そこに本人がいないということがわかりますし、オンラインで利用されたとしても、入力された端末の位置情報と本人のスマホのGPS情報が食い違っていたら、決済されないということも可能です。

すべてをさらけ出すことで、安全性を高めるという発想、まさに、ビットコインのブロックチェーンのような発想が、これからのセキュリティでは求められているのかもしれませんよ。
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/13/news052.html

指紋“ネット盗難”の恐れ 「ピースサインは危険!」 3メートル離れて撮影でも読み取り可能
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加