ITニュース六時五分:高校アカウント、大学アカウント・・ 別人を演じる若者たち

ITニュース六時五分:高校アカウント、大学アカウント・・ 別人を演じる若者たち

0605_20141112大学に合格すると、高校に使っていたTwitterとは別のアカウントを作るといったことが若者の中では起きています。新しい友達を新しい環境で作りたいという気持ちかららしいのですが、合格通知の写真をアップするなど個人情報を気軽にさらしてしまう危険もあるようです。

誰でもそうですが、一人でいるとき、家族といるとき、外に出ているとき、仕事をしているとき、買い物をしているときなど、それぞれの『役割』の中で生きています。一人の人間でありながらも、人格が一定で同じかというと、そのときの環境で左右されることは多くなります。

ところが、今は、SNSの一つのアカウントで、一人の人格をキープするには、かなり厳しいものがあります。例えば、ツイッターのアカウントが、仕事関係の人と、家族、そして、子供のころからの友達の誰にも見られているとしたら、何も書けなくなると思いませんか?

もっと、リアルに言えば、家族と食事をしようと入ったレストランで、右隣には取引先の人の家族が座っていて、左隣には旧知の友達の家族が座っている・・・。とても落ち着かないですよね?(笑)

SNSは、そういうプライバシーをそもそも取っ払うことができるのかどうか、人間が試されているように思えます。若者がアカウントを使い分けるのは、当然の流れでしょう。
========
本日のニュース

https://japan.cnet.com/article/35097396/

「大学垢」激増中–中高生が進学前にTwitterやインスタですること
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加