ITニュース六時五分:高校のタブレットは教える人がいなくて活用されていない・・・

ITニュース六時五分:高校のタブレットは教える人がいなくて活用されていない・・・

0605_20141112旺文社は、高校におけるICT機器の活用状況調査結果を公開しました。それによると、タブレットを校内に1台以上導入している高校は約3割で、そのうちの半数が教員のスキル不足で、活用できていないとしています。

って、そりゃ、しかたないですよね・・・(^^;

以前、高校のパソコン支援のスタッフとして数か月、手伝ったことがあるのですが、いやはや、学校の先生には手に負えないですよ。その高校では、40台のパソコンを導入し、しかも、先生のパソコンから、生徒の画面をプロジェクターで映し出すといったこともできるシステムになっていました。

しかし、これほど台数が多くなると、常に1、2台は故障します。そもそも、生徒が好き勝手に操作するので、その対応もしておかないといけないし、管理するシステムのトラブルが起きても、学校の先生では対処できません。

かといって、それをメンテナンスする費用をどこから捻出するのかというのは頭の痛い問題です。スタッフが常駐するほどの予算などありません。

タブレットでさえ、こんな状況なのですから、これからVRや人口知能、IoTが普及すれば、とても学校で教えることなどできなくなるのではないでしょうか。

いや、それとも、人工知能で教えるってのが一般的な教育になってるのかもしれませんけどね(^^;
========
本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/08/news124.html

高校のタブレット導入、半数が「活用できず」 その原因は…… 旺文社調べ
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加