ITニュース六時五分:カラオケルームを会議室として利用可能に。ビックエコー、首都圏から開始。

ITニュース六時五分:カラオケルームを会議室として利用可能に。ビックエコー、首都圏から開始。

0605_20141112第一興商は、働き方改革・生産性向上に向けた取り組みの一環として、首都圏のカラオケルーム「ビッグエコー」を、ワークスペースとして提供するサービスを開始しました。無線LANを完備し、ホワイトボードの貸し出しもあるとのことです。

カラオケルームには、大型モニタも設置されているので、パソコンをつないでプレゼンすることもできますし、ソフトドリンクもすぐに注文できます。

さらに、防音は完璧なので、話し声が外に漏れる心配もありません。フリータイムは1500円なので、格安のテンポラリ・オフィスとして使うこともできそうです。(月20日間使うとしても3万円ですよ!!)

首都圏だけってことですが、どんどん拡大してもらって、全国どこでもこういう使い方が当たり前になってほしい!!w

今後は、カラオケにスーツ姿の人たちが昼間から頻繁に出入りするかもねw
========
本日のニュース

https://japan.cnet.com/article/35100173/

第一興商、ビッグエコー首都圏27店舗をワークスペースに–プレゼンの練習にも
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加