ITニュース六時五分:NVIDIA、GPSが届かない森の中を自律飛行できるドローンを開発。

ITニュース六時五分:NVIDIA、GPSが届かない森の中を自律飛行できるドローンを開発。

0605_20141112NVIDIA(エヌヴィディア)は、GPS信号の届かない森のなかを自律飛行できるドローンを開発しました。事前に撮影された森の道の動画を学習し、カメラでとらえた周囲の画像を解析して、森の中を自律飛行するそうです。

GPSに頼らずに周囲の状況から判断するというのは、人間が道を歩くときと同じような方法で判断していることになります。

これがうまくいけば、ビルの中や地下街、ショッピングモールの中でも、自律的に巡回するドローンを動かすことができるようになります。また、それらのドローンが収集した位置データ等をGoogle Mapのように統合していけばあらゆる位置情報をッ共有できるようになります。

しかし、一方で、そういうデータは、犯罪に使われることもでてきます。現地で下見をすることなく、テロなども起こせるようになるので、花見で地図と双眼鏡を持って下見などしなくても、テロは起こせてしまうのです。

ますますこれからは、便利になるけれど、犯罪もやりやすくなるということを考えて運用していく必要が出てきますよね。
========
本日のニュース

https://japan.cnet.com/article/35103065/

道は星でなく森に聞け!–NVIDIA、GPSの届かない場所を自律飛行するドローン開発
=========

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加