ITニュース六時五分:元詐欺師が警告。SNSで他人になりすましやすくなっている。

ITニュース六時五分:元詐欺師が警告。SNSで他人になりすましやすくなっている。

0605_20141112元詐欺師が、「テクノロジーの進歩により、人をだますのはずっと容易になっている」と言っています。この元詐欺師は、デカプリオが主演した映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のモデルにもなった大物詐欺師。パイロットや弁護士、医者になりすまして、3億円ちかくをだまし取りました。

確かに、誰かになりすますために詐欺師は情報取集するのですが、ネットが広まり、検索すれば、さまざまな情報が世界中から瞬時にあつまります。そりゃ、仕事しやすいでしょう。

こういうことを考えると、SNSなどでプライバシーとかなんとかいう前に、詐欺師に利用され、あなたになりすます連中もでてくる可能性があるということを考えないといけないかも。

「いやいや、そんな有名人じゃないし・・・」

そうでしょうか? 有名人じゃないからこそ、なりすましやすいってこともありますよね。そして、戸籍を移されていたり、婚姻させられていたり・・・。実際に、そういうことって、起きてるのです。しかも、厄介なことに、そういう被害に遭ったからって、取り消すという法律がないので、会ったこともない人と離婚手続きをするしかないのです。当然、バツイチになってしまいます。

人工知能でさえ、Twitterなどのつぶやきを分析して、あなたの代わりにツィートできるようになる時代ですから、人間の詐欺師の手にかかったら、あっという間でしょうねぇ・・・

本日のニュースネタ

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/150330/cpd1503300500004-n1.htm

サイバー対策 恩義に報いる元詐欺師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加