ITニュース五時五分:サイバーエージェントとテレ朝でスマホ用定額配信チャンネル

ITニュース五時五分:サイバーエージェントとテレ朝でスマホ用定額配信チャンネル

0605_20150401
期が変わって、氣が変わりました!w
本年度は、六時五分、改め、五時五分でやりますよ!!(※)

では、記念すべき本日のニュースネタは、サイバーエージェントとテレ朝でスマホ用定額配信チャンネルをスタートするという話。合弁会社を作って、テレビの番組なども配信するみたいですが、いよいよ、こういう方向になってきたかって思います。

今のテレビ放送は、マス広告で成り立っているのですが、スポンサーがなかなか厳しくなってきています。確かに景気が悪い時期が長かったってのもあるのですが、それ以上にマス広告では、以前ほど効果が出ないってことが大きいのだと思います。

そもそも、今の時代は、多様化が進み、コモディティ化とか言っても、誰もが買うような商品とか使うサービスとかありません。コンビニやスーパーを見ても、ものすごい数の商品ですよね。チョコレートと一言でいっても、板チョコから、チョコレートをかけた柿の種など、チョコレートと名の付く食べ物って、ものすごい数です。なので、消費者は、同じものを買うってよりも、人それぞれで、大量に消費される時代ではなくなってきています。

そうなると、瞬間的に大量に売れるってことはできても、継続することができないので、マス広告を打ち続けることなどなくなってきています。それよりも、もっと細かくセグメント化された中で広告する方が効果的ということになり、消費者の行動を把握できるインターネットへとシフトしています。

GoogleやYahoo!の検索だけでなく、SNSも出てきて、消費者の一人ひとりの行動をトレースすることもできるようになってきました。であれば、そこに個別に広告を打つ方が明らかに効果的です。

そうなると、テレビ局も地上波の電波でマスに配信するだけではなかなか番組制作費を稼ぐのも大変になるので、インターネットへとシフトしてきています。ニュース番組は、どこもネットで配信していますし、NHKもオンデマンド配信を開始。民法各局も、トライアル的にオンデマンドでドラマやバラエティも配信しはじめています。

それをさらに推し進めるために、サイバーエージェントとテレ朝が、スマホ向け定額配信のプラットフォームを作るようになります。こうなると、一気に動いていきそうです。

今の小学生が社会人になるころには、テレビ局って、全く違う放送をしてるでしょう。オンデマンドとライブ配信がごっちゃになっていて、電波だのネットだのも意識していない状態で、動画を見ていると思います。そんな世界への一歩になりそうなニュースが、サイバーエージェントとテレ朝での合弁会社の話でした。

※)五時五分は、エイプリルフールネタですよー。明日からは、いつも通りの六時五分ですw (って、こんな早起きして、何をしたかったんだ? -> 自分 ^^;)

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/31/news133.html

サイバーエージェントとテレ朝が合弁新会社 定額制動画配信とニュースチャンネル展開


  • このエントリーをはてなブックマークに追加