ITニュース六時五分:東大のコピペ論文が問題に!でも、コピペが悪いってことじゃなくて・・・

0605_20141112東大がコピペ論文で、異例の発表をしています。試験の論文で、75%がコピペだったと公表。でもって、一部のマスコミが、東大生の75%がコピペしてるって間違って報道するとか、騒いでますw

それは、それとして、このコピペ問題。コピペルナーというコピペをチェックする仕組みが出て、以前、取り上げたこともあるのですが、かなりアクセスが集まりました。

それは、コピペルナーなんかに頼らなきゃいけない教授はアホじゃないか!って話を書いたのですが、あっちこっちで批判されました(^^;

でも、あえて言いますが、コピペのどこが悪い!って思っています。いや、そりゃ、著作権ってのは、ちゃんと考えないといけないですよ。そもそも、私も物書きの端くれでもあるので、クリエイターへの尊敬とか、リスペクトとか、そこは大事にしないと!って思っています。

だからこそ、大学では、しっかりと、引用とか流用、転載ってなことを教えないといけないし、著作権なんてものは、小学生のときから教えることなんですよ。そもそも、著作権って、どこで勉強しました? 誰に教わりました? にも関わらず、著作権違反だとか、コピペが問題だとか言うのですが、インターネットがこれだけ広まった世界では、コピペが当たり前のようになった中で育ってくる子供たちに、しっかりと小学生のときから教えなければ、何がダメで、何がいいのか区別などできないですよ。

そもそも、学術論文では、引用するのが当たり前というか、引用しないと、ちゃんとした論文など書けない世界です。でもって、多く引用される論文は権威ある論文になっていくのです。そんな中で、頭ごなしに『コピペダメ!オリジナルの文章で書け!』とかなってしまうと、すべてオリジナルの文章で書こうとしてしまいませんか? でも、そんな論文は、評価するのがめちゃくちゃ難しい。過去の多くの人たちの研究の上に、今の研究があるのであって、それをすべてゼロから構築するなんてことはありえません。そういうことを、しっかりと教えた上で、論文を書くようにしないとおかしくなってしまいます。

さらに言えば、企業に就職して、仕事するとなると、もはやコピペだらけの世界。いろんな書類を作成するのに、コピペしないでやるなんて、ありえません。報告書やら提案書、稟議書、パンフレット、説明書などなど、コピペしまくりですよね(笑)。ともかく、生産性を優先されるので、前任者が作った資料を基に、手を加えてどんどん量産する。そうしないと、間に合いません。ゼロから提案書なんて作っていたら、とてもじゃないけど間に合いません(苦笑)。

そもそも、インターネットで検索して調べるのだって、引用してるのと同じ。分かったかのように、他の人に『読み上げてる』人もいますけど、それって、コピペですよね。そこに、オリジナリティをどう加えるのか、自分の解釈をどう付け加えるのか、あるいは、ネットに出てる情報が正しいのかどうかを見分ける能力が必要なんです。

あまりにも、『コピペは、ダメ! ともかくオリジナル!』なんていうのは、ちょっとなぁ・・って思います。コピペの問題にある本質をしっかりと見ないといけないし、引用や転載、著作権とかをしっかり教えて、でもって、それを活用して、いかに自分の考察や創造をするのかを習得していかないと、なでもかんでもオリジナルなんて、おかしなことになりますよ!!

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/01/news059.html

「ある東大生のレポートは75%がコピペ」東大の告知に衝撃 論文不正は止められるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加