ITニュース六時五分:年金機構、125万件情報流出。いろいろな意味で問題が多いかも。マイナンバーはどうなる?

ITニュース六時五分:年金機構、125万件情報流出。いろいろな意味で問題が多いかも。マイナンバーはどうなる?

0605_20141112年金機構のパソコンがウィルス感染し、年金情報125万件が漏えいしたことが発覚しました。メールに添付されたウィルスの入ったファイルを開封したことが原因ということです。また、パスワード設定すべき年金情報の一部にパスワードが設定されていない、暗号化もされていないなど、運用上の問題も指摘されています。

漏えいした情報には、住所氏名、生年月日、そして年金番号とセットで漏えいしたものもあり、本人になりすまして問い合わせなどできる状態なので、トラブルに巻き込まれる人が出てきそうです。

年金機構では、振込め詐欺などの事件もあるので、電話での連絡は行わず、書類送付のみで連絡するとのこと。ただ、これをどれだけ広く周知徹底できるのかも課題です。

まだ、捜査段階なので、情報が細切れにしか出てきていないですが、犯人が悪いのは当然ですが、年金機構の運用体制にも問題がありそうです。たとえば、本来なら個人情報はパスワードを設定したり、暗号化したりするというルールがあるのですが、55万件には設定されておらず、内容は誰でも閲覧できるようになってたということが分かっています。また、添付ファイルを開いてしまった職員のメールアドレスは公開されていて、直接、さまざまな問い合わせが届くような状況だったそうです。

来年1月からは運用開始となるマイナンバー制度の前に、このような事件が起きたことは、政府にとって、かなり痛手になるでしょう。

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/01/news158.html

年金情報125万件流出 年金機構に不正アクセス ウイルス入り添付ファイル開封が原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加