ITニュース六時五分:富山大サーバ、米国へのサーバー攻撃への踏み台に。他人事ではないですよ!

ITニュース六時五分:富山大サーバ、米国へのサーバー攻撃への踏み台に。他人事ではないですよ!

0605_20141112富山大のサーバが、アメリカの企業へのサイバー攻撃をするための踏み台にされていたことが分かりました。管理者のパスワードを、123456という単純なものだったこともあり、用意に踏み台にされたようです。

しかし、これは、決して他人事ではなく、踏み台にするのは、個人のパソコンでも、中小企業のホームページのサーバでも構わないので、ネットにつながっているあらゆる機器が対象です。

プログラムで片っ端から攻撃していくので、大手企業や大学のサーバであろうが、個人のパソコンやスマホ、中小企業のパソコンだろが、関係ありません。ゲーム機や液晶テレビも攻撃されています。DDos攻撃は、多くのコンピュータから一斉にアクセスが集中させることが目的なので、攻撃するコンピュータはゲーム機でもスマホでも構わないのです。そんな犯罪に加担することになり、さらに、警察にパソコンを調べられることになる可能性があります。

これって、小屋には何も盗まれるようなものはないからって、鍵をかけていなかったら、いつのまにか強盗が凶器の隠し場所にしていたってな話と同じですよね。

だからこそ、くれぐれもセキュリティはしっかりと対策しておきましょう。

本日のニュースネタ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150607/k10010105931000.html

富山大サーバー 不正アクセス受け悪用される


  • このエントリーをはてなブックマークに追加