ITニュース六時五分:新人研修では『シェアしないこと』を教える必要がある・・・

ITニュース六時五分:新人研修では『シェアしないこと』を教える必要がある・・・

0605_20141112今年の新卒で入社した世代は、高校1年でiPhoneが発売されたスマホ世代。だからこそ、パソコンよりもスマホを使いこなします。なんでもシェアするのが当たり前であるからこそ、仕事では『シェアしない』のが当たり前だと教える必要が出てきています。

実際の社員教育をしている担当者によると

・コミュニケーションやプレゼンテーションの能力は高くなっている

・IT機器や社内SNSなどへの抵抗は少なく、スムーズに使いこなす

という、いいところもあるのですが、一方、

・なんでもかんでも学生時代の友達や知り合いにシェアしてしまう

・メモ代わりになんでも写真撮影する

・報告書などの文章が書けない

といった課題があるそうです。

特に、スマホがメモ代わりであり、シェアするのが当たり前になっている若者にとっては、仕事に関わる情報は基本的に社外に出してはいけないということが、きっちり教えないと分からないそうです。わざわざ注意しておかないと、社内の様子なども気軽に写真撮影してSNSにアップしてしまうので、現場ではかなり頭を悩ませるとのこと。

また、なんでもスマホで済ませるために、パソコンを使っていない若者も多く、キーボードで文字を打つ練習からスタートしないといけないレベルも。そして、全体に共通するのは、スマホなどがあって当たり前なので、無線LANやコンピュータの基礎については、あまり興味を持たないためか、技術的なことは知らないという傾向もあるようです。

このようにコンピュータやスマホが当たり前すぎるがゆえに、使えるけれども、当たり前すぎて興味すら持たない。今どきの若者の傾向ですね。

本日のニュースネタ

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/062400155/062500001/

何でも“シェア”するスマホネイティブ新人に必要な教育とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加