ITニュース六時五分:総務省がドローン撮影映像のネットでの取り扱いガイドライン案を公開。意見募集中

Webサイトでの宣伝や広告は、法律違反していませんか?
ネットに関わる薬機法など法律について、分かりやすい動画セミナー、期間限定で発売!
アフィリエイター、オンラインショップだけでなく、ライターやデザイナーも知っておくべき内容です。これを知っていれば、消費者庁も怖くない!?(笑)
>>6/7までの限定販売!ここをクリック<<

0605_20141112総務省は、「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」を公開し、意見募集を行っています。ドローンでの撮影はプライバシー侵害や肖像権侵害といったトラブルを起こしやすいとしています。

総務省のページ

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000181.html

「「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」(案)に対する意見募集

パブリックコメント提出は

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145208561&Mode=0

ガイドライン(案)では、いろいろ書かれているのですが、読んでいると、『ドローンでの撮影そのもの』についてのガイドラインなのか、『ネットで動画を公開すること』についてのガイドラインなのか、混同して書かれてるように思います。

例えば、

住宅地にカメラを向けないようにするなど撮影態様に配慮すること(ガイドラインのPDFより)

というのがあるのですが、これって、ネットで公開することとは関係なく、撮影の話です。

インターネットで公開することとは、関係ない話ですし、逆に読むと、ネット公開しないなら、撮影してもいいのか?なんてひねくれたことを考えてしまいます。

一方、ネットでの公開のガイドラインでありながら、会員制サイトや、クローズドなSNSでの話には触れておらず、配慮が足りないって感じます。問題になっているのは、誰でも見ることができる公開されたサイトよりも、クローズドな中での動画や画像のアップであり、それをさらに、他に転載されることという認識が重要だと思うのですがね・・・。

なんとなくですが、いろいろうるさいから、ガイドラインを作ってみた程度に思えてしまいます。だからこそ、いろいろと意見を出しておきましょう。匿名でも投稿できるので、思ったことを意見として出しておかないと、知らないうちに厳しい制限が入って、このガイドラインがベースにm、

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/29/news121.html

総務省、ドローン撮影映像のネット公開ガイドライン案公開 意見募集

Webサイトでの宣伝や広告は、法律違反していませんか?
ネットに関わる薬機法など法律について、分かりやすい動画セミナー、期間限定で発売!
アフィリエイター、オンラインショップだけでなく、ライターやデザイナーも知っておくべき内容です。これを知っていれば、消費者庁も怖くない!?(笑)
>>6/7までの限定販売!ここをクリック<<
  • このエントリーをはてなブックマークに追加