ITニュース六時五分:シアトルのイベントでドローン墜落し、女性意識不明。規制は必要だけど・・・

ITニュース六時五分:シアトルのイベントでドローン墜落し、女性意識不明。規制は必要だけど・・・

0605_20141112アメリカ・シアトルのイベントで、ドローンが墜落し、女性の頭に当たり、意識不明の重体になる事故が起きました。こういう事故は今後も起きる可能性はありますが、制限するのは容易ではありません。

このイベントでは、ドローンがビルにぶつかって、それが落下したとのこと。ビルでなくとも、カラスなどの鳥が、ドローンにぶつかって落ちてくることもあります。いくらドローンの性能が上がっても、防ぐことはできないですし、操縦者がどんなに熟練であっても避けることはできません。

飛行禁止にし、違反者には、厳罰を処するとしても、現時点では、必ずしも操縦者を見つけられるとは限りません。GPSなどで位置情報を取得し、自動的に飛行するものもありますから、そうなると、飛行している近辺に操縦者がいるとは限らないからです。

そもそも、最初から、落下させることを考えているような輩がいたら、もう、どうにもなりません。海外では、ドローンを網で捕まえるドローンまで出てきていますが、そういうものを使って排除するようなことも必要でしょう。

さらに、販売規制が入るのは、時間の問題かと思います。しかし、すでに販売されているものや、自作のドローンに関しては、抜け道がいくらでもあるので、すでに手遅れともいえるかも。

災害状況を確認したり、防犯のための監視したりするといったメリットも大きいのですが、事故や事件も起きるので、これは、なかなか厄介な問題ですよね。

本日のニュースネタ

http://japan.cnet.com/news/society/35066865/

シアトルのLGBT支援イベント会場でドローンが落下、女性が意識不明


  • このエントリーをはてなブックマークに追加