ITニュース六時五分:Googleが持ち株会社Alphabetの傘下に。研究分野を切り離すことで謎が多くなる?

ITニュース六時五分:Googleが持ち株会社Alphabetの傘下に。研究分野を切り離すことで謎が多くなる?

0605_20141112Googleは、新たな持株会社Alphabetにすべての株を移行し、傘下の1事業会社になると発表しました。これにより、Googleは、検索エンジンと広告ビジネスに注力し、新サービスの開発や研究などは、別会社として運営するようになります。

Googleが、かなり思い切ったことをやりました。このような持ち株会社を作り、しかも研究開発を切り離すことで、広告ビジネスに特化することになっていきます。こうすることで、Googleが広告ビジネスでどれぐらいの収益を上げているのか、明確になってきます。

しかし、一方で、Googleがこれまで挑戦してきたような、新サービスの開発や研究は別会社になるので、分かりにくくなっていく、いや、極秘で進められることが多くなるのかもしれません。

さて、このような新たなスタイルで運営されていくGoogleは、ネット広告事業、どのように変化していくのでしょうか?

本日のニュースネタ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1508/11/news043.html

Google、新持株会社Alphabetの傘下に入り、スンダー・ピチャイ氏がCEOに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加