ITニュース六時五分:緊急地震速報をトリガーにして家族の安否を通知するアプリ「ココダヨ」。なかなか、いいアイデア!

ITニュース六時五分:緊急地震速報をトリガーにして家族の安否を通知するアプリ「ココダヨ」。なかなか、いいアイデア!

0605_20141112株式会社ゼネテックは、災害発生時に家族が位置情報をスマートフォンで共有するサービス「ココダヨ」を9月1日より提供すると発表しました。通常は、一定期間でお互いの位置と安否を通知できますが、緊急地震速報をトリガーにして、直近の位置情報を通知するようになっています。

このアプリ「ココダヨ」は、通常は、最大5人まで登録して、1分から120分の間で指定した時間ごとに、GPSで位置情報や、安否情報を通知します。そして、緊急地震速報など災害情報をキャッチするとその情報をトリガーにして、直前の情報を登録メンバーに通知します。

緊急情報が送信されると、多くの人が安否確認のために一斉にTwitterやLINE、メール、電話を使うようになり、回線が混雑します。特に、データ通信は、データが届かないと、再送するようになり、混雑して届かない上に、さらに、データを再送信しようとします。そうやって、どんどん繋がりにくい状況になり混乱することに。

そこで、『ココダヨ』では、そうなる前に情報を発信するようになっています。なかなか優れものですよね。

また、最大5名まででトライアル期間以降は、優勝で提供するようになることからも、本当に必要な人だけが利用するサービスとなるので、そういう意味でもスムーズで、かつ、変な犯罪などに使われないようになるでしょう。LINE HEREなどは、200名まで使えるというので、それはそれで面白いのですが、おかしな犯罪、あるいは、イジメに使われる可能性もあるので、そういう点で考えると、『ココダヨ』はよく考えられていると思います。

本日のニュース

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150827_718077.html

地震の発生時、通信回線が輻輳する前に家族の位置情報を共有するアプリ「ココダヨ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加