ITニュース六時五分:パックマンが懸賞付きゲーム競技に。eスポーツが定着すると「もっとゲームしなさい!」という親が出てくる!?

0605_20141112スマートフォン向けゲームプラットホーム「ワンダーリーグ」を運営するワンダーリーグは、ゲーム「パックマン」を使って、モバイルeスポーツを展開すると発表しました。毎週火曜日には、賞金5000円のイベントを開催するとのことです。

また、映画『ピクセル』とのタイアップで「賞金10万円!パックマンでモバイルeスポーツ日本一選手権大会」も開催するそうです。

海外では、億単位の賞金を稼ぐプロのテレビゲームプレイヤーが出てきているeスポーツですが、日本では、まだまだ認知度も低い状態です。こういうイベントが出てくることで、日本でもeスポーツが知られていくようになり、そのうち、小さいころからサッカーやフィギアスケートなどを練習させる親がいるように、テレビゲームをやらせる親が出てくるのかも・・・。

「もっとゲームしなさい!」というような親が出てくるのも時間の問題!?

今回は、文章が短いのは、テレビ・ゲームやらない人なんで、よーわからんのですわ(^^;

ということで、eスポーツについては、NHKの解説ページにいろいろ書いてあるので、興味のある人は、どぞ。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/215015.html

くらし☆解説 「eスポーツ 本格上陸へ」

本日のニュース

http://japan.cnet.com/entertainment/35070077/

賞金付きゲーム競技アプリ「ワンダーリーグ」に「パックマン」が実装–9月8日から展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加