ITニュース六時五分:啓発のつもりで作った偽国勢調査サイト、総務省から削除依頼。いまさらですが、便利だから注意が必要。

ITニュース六時五分:啓発のつもりで作った偽国勢調査サイト、総務省から削除依頼。いまさらですが、便利だから注意が必要。

0605_20141112ベンチャー企業・のらねこ代表の三宅さんは、友人への啓発のつもりで偽の国勢調査サイトを作成したところ、予想以上の反応が起き、総務省から削除依頼がくるような事態にまで発展しました。総務省は、偽サイトへ誘導されないようにURLの手入力を推奨しています。

国勢調査のID・パスワードを記載した封書は手渡しが原則で、不在の場合には封をして抜き取られないように郵便受けの中に確実に投函するように指示されているにも関わらず、封もせず、しかも外から見える状態で投函されているのがネットで話題になっていました。

そのことを知って、三宅さんは、偽サイトが簡単に作られるということを友達に啓発のつもりで作ったそうです。ところが、これがあっという間にツィッターなどで拡散し、ついには、総務省が削除要請をするようなことにまで発展。ネットからは、さまざまな各戸身がなされたそうですが、8割ほどが批判的な内容ばかり。まあ、ネットの特徴として批判することの方が多いので、そういう結果になるだろうなぁとは思います。

今回は、啓発のつもりで作っているので、クリックすると、「このサイトは偽サイトです」と表示するようになっていました。実害はないのですが、同じようなことをする連中も出てくるでしょう。総務省ではURLを正しく手打ち(!)するように注意喚起しています・・・と言っていますが、そのことは、全然伝わっていません。マイナンバーと同じく、通達や告知が不十分なまま運用されてしまい、後から問題が大きくなるのではないでしょうか・・・

本日のニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/15/news083.html

国勢調査の“偽サイト”作った意図は? 総務省から削除依頼……「騒ぎになり深く反省」と制作者

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加