ITニュース六時五分:Apple、ウィルス感染アプリをApp Storeから複数削除。どのアプリかは公開されていない

0605_20141112Appleは、App Storeから、マルウェアに感染したアプリを多数発見し、削除しました。アプリ開発ツール「Xcode」の偽装版を介してApp Storeに混入したとみられています。

審査を慎重にやっていると言われているApp Storeですが、アプリを開発するツール自体からウィルスが入り込むことで、アプリ開発者が気が付かないうちに感染しているようです。

今回、Appleは、どのアプリが感染していたのかを明らかにしていないので、ユーザとしては、何をどうしていいのかよくわかりません。できることと言えば、使わないアプリを削除する、使っているアプリは最新のものにアップデートするといったことしかありません。

公式のサイトからの配布だからといって安心しているからこそ、こういうときには、ちょっと困ったことになってしまいますよね。ま、個人的には、iPhoneにしろ、Androidのスマホにしろ、信用していないのと、まともなセキュリティ対策ができないので、使いませんが(笑)。

本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/service/35070833/

アップル、マルウェア感染アプリをApp Storeから多数削除–「XcodeGhost」が猛威

iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加