ITニュース六時五分:弁護士ドットコム、クラウド上での契約締結サービスを提供。便利だけど、印鑑を押すという行為がないのは・・・

ITニュース六時五分:弁護士ドットコム、クラウド上での契約締結サービスを提供。便利だけど、印鑑を押すという行為がないのは・・・

0605_20141112弁護士ドットコムは、クラウド上で契約のやりとりを可能とする契約サービス「CloudSign」を、日本で初めて開始しました。これを利用すると、印鑑もサインも不要で、すべてデジタルで契約締結が完了します。

契約書は、署名し、印鑑を押すだけでなく、複数枚にわたるときは、差し替えできないように割り印などが必要になります。また、2通作成して、契約者それぞれに1通づつもっておくことからも、離れている場所にいると、そのやりとりで時間がかかります。

しかし、この「CloudSign」を利用すると、すべてがネット上で完結するので、非常に早く契約を結ぶことができます。特にクラウドソーシングが広まってくると、相手が日本国内にいる必要もないので、海外とのやりとりも考えると、このような方法は仕事を進めるうえでとても便利になります。

これまでの印鑑という文化から、デジタル化によって印鑑ではなくデジタルデータでの「署名・捺印」で契約が進むようになることで、印鑑を押すという行為によって体感的に契約したという感覚がなくなることを受け入れられるのでしょうか。ワンクリック詐欺など、簡単に契約することの怖さもある中で、お手軽に契約できることが果たしてどこまで受け入れられるのか、仕組みよりも人間の体感覚をどのように変化させるのかが大きな課題になると思います。

本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/service/35072131/

紙と印鑑不要、ネット上のやりとりで契約締結–クラウドサービス「CloudSign」が開始


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加