ITニュース六時五分:鍵をひねってアプリを動かすスイッチHackey、発売。体感が大事ですよね、体感が。

0605_20141112ネット家電を手がけるCerevoは、ウェブサービスと連携できる鍵スイッチ「Hackey(ハッキー)」を9,980円で発売しました。手のひらサイズのキーを回すと、連動したアプリが動作するようになります。

このハッキーの何が面白いのかというと、鍵を回すという体感としてのインターフェイスがあることで、明確にスイッチを入れたと実感できることにあります。タッチパネルや音声入力、その他、各種センサーで、何もしなくても、さまざまなものが動作するという方向も一つですが、あえて、「操作している」という実感を持つことは、とても重要です。自分の意思で、操作している、動かしているという感覚は、自分が決断する、自分で判断するという能力であり、それを意識できることは、心の成長や脳の活性化という意味でも大きなポイントです。

何もしなくても、センサーを通じて、あらゆることを調整してくれるとなると、だんだん人間の脳はやることがなくなり、本来、考えること、判断することが仕事の器官なので退化していくか、あるいは、無理にでも仕事をしようとして、不安が大きくなり、精神的に病んでいくことにもなりかねません。他にやることがあって、手軽になるというのはいいのですが、行き過ぎると、人間らしい判断を奪っていくことにもなるのですよね。

だからこそ、このハッキーのように、自分の意思で、カチャっとスイッチを入れて動かしたと実感できることは、とても大事なのです。

本日のニュース

http://japan.cnet.com/news/service/35072630/

鍵をひねってウェブサービスを操作するスイッチ「Hackey」–Cerevoが発売


iTune Podcast 週刊ITトレンドXは、毎週水曜日配信!

https://itunes.apple.com/jp/podcast/zu-li-ming-suino-zhou-jianittorendox/id646610212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加